バンサワイ★タイ・東南アジア諸国の旅行情報サイト。特に女の子の一人旅を応援します★予算・持ち物・宿・交通・屋台料理・バンド・注意事項など、参考に。

ご利用について | お問い合わせ | 管理人 | BBS | Blog

バンサワイ★タイ・東南アジア諸国の旅行情報サイト。特に女の子の一人旅を応援します★予算・持ち物・宿・交通・屋台料理・バンド・注意事項など、参考に。
HOME | タイ旅行情報 | 旅のプラン | 旅日記 | タイイベント | タイレストラン | クッキング | バンコクのバンド | 就職活動@タイ | LINK

タイ旅行情報

タイ(バンコク)のフードコート・屋台について

●フードコート

屋台での食事がちょっと心配な方に、是非お勧めなのがフードコート。タイの大きいショッピングセンターには必ずと言っていいほど、フードコートはあります。最近は高級志向の所もあり、なかなか侮れません。

フードコートの種類
最近のフードコートは大体下記の3パターンに分けられます。
1.クーポン式フードコート(前払い)
先にクーポン売り場にて、任意の額面のクーポンを購入する。もっともオーソドックスな昔からあるタイプ。カード式フードコートのカード
2.カードコート(前払い)
先にカード売り場にて、任意の額面のカードを購入(チャージ)する。上記のクーポン式がプリペイドカード式になったという感じ。
3.カード式フードコート(後払い)
入店の際にカードを受け取り、食事を終えたらレジで清算する。最近増えてきた、高級志向のフードコートで導入されている方式。
入店から注文〜清算
上記1.2.の前払い式の場合
まず、「クーポン売り場orカード売り場カウンター」で任意の額面をカウンターのお姉さんに伝え、クーポンやカードを発行してもらう。多めに発行してもらっても後で払い戻すので大丈夫。
そのクーポンやカードを持ってフードコート内のお店に行き、注文する。支払いはそのクーポンやカードで行う。
料理を受け取り、自分で席を探して座って食べる。食べ終えたお皿はそのままでOK。
最後に手元に残ったクーポンやカードを「払い戻しカウンター」へ持って行き、現金に換金してもらう。大体が当日中に換金しないといけないのでお忘れなく。
サイアムパラゴンの高級フードコート上記3.の後払い式の場合
出入り口にあるレジでまず、カードを発行してもらう。係りの方が席に案内してくれるので、指定された席に座る。
カードを持ってフードコート内のお店に行き、注文する。注文の際にカードを提示し、席に戻ってOK。お店の方が席まで届けてくれる!もちろん、食べ終えたお皿もそのまま放置でOK。
食事後、カードを持って出入り口まで行き、合計を支払えば良い。
この方式のフードコートはレストラン並みのサービスとお値段。。。

●屋台

せっかくタイへ行ったなら、是非屋台でご飯を食べてもらいたいと思います。が、お腹が弱い方や神経質な方にはお勧めしません・・・。その辺りのバランスはご自身で判断なさってください。

屋台の形態
道沿いの独立屋台
一般的に良く見かける、大きい通り沿いや沿い(小道)沿いの屋台。こんな所でやっていいのか・・・??と思ってしまうこともしばしば。
一角に各種屋台が集まった(ミニ)屋台村
繁華街の一角やオフィス街の一角などに、炒め物屋・ヌードル屋・鶏屋・おかず屋・ドリンク屋などが集まった「ミニ屋台村」。一度に全て揃うので便利です。
注文〜清算

お店の料理や飲み物を物色し、適当に注文して座る。料理や飲み物が来るので、食事が終了後に支払う。
屋台村の場合、注文・支払いをそれぞれのお店で行う場合があるが、どこかのお店の人が集金係になって一括で清算できる所もある。たいていの場合、近くにいる人に声を掛ければなんとかなります。

フードコート・屋台の紹介

基本的には行き当たりばったりな感じで、特に「ここへ行こう!」と意気込まなくても美味しい料理にありつけます。ここでは主に、過去実際に行った所の紹介をしています。

サイアム周辺

マーブンクロンセンター(MBK) 最上階のフードコートがお勧め。エアコンのきいたショッピングモールの中で、沢山のお店から好きなものを頼める。路上の屋台よりややお値段高め(クイッティオ40B前後)だが、安心してデザートまで食べられる。クーポン制なので先に任意の額面のクーポンを買い、余ったら払い戻しOK。また、各階にもお洒落なカフェや手ごろなレストラン(焼肉・ラーメン・すし等の日本食も)が沢山入っている。1階は8番ラーメン・マクドナルド・ケンタッキー等が入っている。
最近は高級フードコートも別フロアに登場。パラゴンと同じカード式と思われる。
SCALA(映画館)脇のフードコート 朝、出勤・通勤前のタイ人で満席になる細い路地の屋台街。各種の主食から飲み物・デザートまで何でもそろう。ただ、英語は通じそうも無いのでちょっと行きづらいかも。
サイアムスクエア内 沢山の若者向けカフェやレストラン、観光客向けのフカヒレ料理店が連なっている。マクドナルドやミスタードーナッツといったなじみのあるファストフードや、MK(タイスキ)のような地元のファミリー向けチェーンレストランまで何でもあります。タイ人のカップルも多く、「バンコクの原宿」とよく称される。
サイアムセンター/サイアムディスカバリーセンター 1階はスターバッックス、上階にちょっとお高めのレストランがある。日本食もあり。
バーン・クン・メー
(ノボテル斜め向かい)
辛さ控えめ、コ洒落たタイの雰囲気を満喫するにはお勧め。民族楽器の演奏もあり、観光客ウケすると思う。ここのソムタムは辛くしないで!と言うと本当に辛くなくてビックリ。飲んで食べて、2人で700B前後だった(2004)。美味しいし良いんじゃないかな。
SIAM PARAGON地階のフードコート
高級ショッピングセンターのサイアムパラゴンの地階にある、フードコート。入り口でカードを受け取り、各お店でカードを渡して注文し、最後にまとめて出口で清算。席番号がカードに記入されていて、注文した料理を席まで持ってきてくれる。フードコートとしては高級。予算は一皿だいたい100B〜。また、このフードコート内にはtrueネットカフェがあり、ネットカフェだけ行きたい場合はその旨説明し、フードコートの入り口から入る。

カオサン周辺

カオサン通り沿い レストラン>欧米人向けのお洒落なレストランばかリ。お値段高め。味は・・・。
屋台>パッタイ10B、ガイヤーン(炙り鶏)10B、クレープ10B、餃子10B・・・路上ですぐに調理してくれるこれらの「ファストフード」、私は好きです。味も日本人好み。タイ人から言わせるとタイ料理ではないらしいが、安く上げたい人には充分。ただ、座って食べる場所はほとんど無いので、食べ歩きかお持ち帰りで。
ランブトリ通り 日本人が沢山ウロウロしている。カオサン通りに比べて見た目地味だが、ちゃんと座ってメニュー(日本語有)から注文でき、安くて明瞭会計。おかず屋さん・ジュース屋さん・何でも屋さん、ラーメン屋さん・・・1品20B位からあるので、毎日通ってしまいます。
タニ通り 割と観光客少な目。中国系のお店が多いかも。おかゆやさんもあり。気が付くと道路わきの細い路地に沢山屋台が出ていたりする。
トンボ―レストラン
(チャオプラヤ川沿い)
行った事はないが、川沿いだしあまり高級そうでもないので、誰か行ってみてください。

中華街周辺

ヤワラー通り 思いっきり中華街です。色々なレストランあり。また、ヤワラーと交差するそれぞれの路地には屋台がひしめいていて、メニューがある所もある。
美味しい屋台
pm6:00〜
ヤワラー通りとPadung Dao Rdの交差点に赤いユニフォームと緑のユニフォームの屋台があり、緑のユニフォームの屋台が美味しい!(赤い方で食べた事ないけど、評判では。)4人で海老のバーベキュー・空心菜の炒め物・ムール貝の蒸し物・プーパッポンカリー等を飲んで食べて700B位(2005)。すんごいお勧め。(確か)写真入メニューあり。

スクンビット周辺

旧日本大使館領事部脇の屋台街(Soi21奥) ここのお昼の屋台はすごい!!いい感じです。付近のOLさんや会社員の方がランチを取る所で、屋根つきの広場に沢山テーブル・いすが置いてあって、周りを取り囲む屋台から好きなものを買って食べます。デザート・飲み物まで何でも揃います。もちろんお値段も屋台なので50Bもあればかなりお腹一杯。
エンポリウムのフードコート
MBKより規模は小さいが、このエリアで安く安心して食べるには良いのでは。普通のクーポン食堂です。(最上階)
5階に新しい高級フードコートが登場。パラゴンの地階のフードコートと同様、カードを受け取り各お店で注文し、出口で最後に清算する。席番号を告げて料理は席まで運んでもらう。
Ads
タイ語学習・通訳・翻訳のご相談もお問い合わせください。







Ads