バンサワイ★タイ・東南アジア諸国の旅行情報サイト。特に女の子の一人旅を応援します★予算・持ち物・宿・交通・屋台料理・バンド・注意事項など、参考に。

ご利用について | お問い合わせ | 管理人 | BBS | Blog

バンサワイ★タイ・東南アジア諸国の旅行情報サイト。特に女の子の一人旅を応援します★予算・持ち物・宿・交通・屋台料理・バンド・注意事項など、参考に。
HOME | タイ旅行情報 | 旅のプラン | 旅日記 | タイイベント | タイレストラン | クッキング | バンコクのバンド | 就職活動@タイ | LINK

タイ旅行情報

スワンナプーム空港と市内を結ぶアクセス

旅行タイプ別に色々な手段があると思いますので、荷物の量や旅行目的・スタイルに合わせてお選びになるといいと思います。
下の項目をクリックすると、詳細情報にジャンプします。
* なお、現在の情報と異なる場合がございますので、ガイドブック等の情報やの情報現地での案内をよくご覧になってください。

送迎サービス

パッケージツアーやホテルの送迎の際の注意事項を念のため、記載してみます。

荷物のネームタグなどを盗み見てその場で出迎えを装う詐欺もあるので、迎えに来る方の氏名や会社名を事前に確認し、出迎えの方に再確認をしましょう。
  • パッケージツアー
    市内へ: 空港に着くと係員の方が迎えに来ているので、案内に従う。
    空港へ: 帰国の際も係員の指示に従って集合し、空港まで送ってもらう。
  • ホテルの送迎サービス
    市内へ: ホテル名や氏名の書かれたカードを持っているので、案内に従う。
    空港へ: ホテルのベルボーイなどに頼むと手配してくれる。

リムジンタクシー

バンコク到着後、空港(バンコク)の出口すぐにリムジンタクシー(タイ空港公団:AOTが運営)のカウンターがある。行き先を告げると料金を言うので、車種・料金など確認の上利用する。
  • 料金の目安
    バンコク都心(サイアム周辺): 車種により、700B〜
    パタヤ: 車種により、2100B〜

普通タクシー

案内表示に従い、1階のタクシー乗り場へ。運賃はメーター制で、ターミナルビルから乗る場合は空港発加算料金50Bを別途支払う。1階のタクシー乗り場が混雑しているときは、到着ロビー外から出ているシャトルバスで公共交通センターへ行き、公共交通センターから乗る方法もある。
※2007年10月より、タクシー乗り場が1階から2階へ変更になったとの事です。

帰国時はホテルのベルボーイに頼んでタクシーを呼んでもらうか、自分で路上まで出て拾う。
  • 料金の目安
    空港→バンコク都心: 約300B+空港発加算料金50B(+高速料金)
    空港→長距離(目的地により一律): パタヤ 1500B程度
    市内→空港: 約300B(+高速料金)

エアポートバス

到着したら空港内の案内表示に従い、1階のエアポートバス乗り場へ行く。1階にはエアポートバスの案内カウンターがあり、行き先を告げると一番良いバスルートを教えてくれ、チケットを買うことが出来る。1階に下りると、左のようなエアポートバス乗り場を案内する標識が立っているので、指示通りに進んで行けばOK。 市内から空港へ(帰国時)は下記の路線上にあるバス停でバスが通ったときに止めて乗り込み、料金を払う。バス停になっているホテルから乗り込むのが無難。ホテルの人にどこが一番近いバス停か聞けば教えてくれるでしょう。ただし、夜遅い時間は本数が不確定なので要注意。

料金 一律 150B(ルート:下記参照)
(AE1)
スワンナプーム空港

シーロム
スワンナプーム空港/高速経由/ペッブリー・ソイ30(プラトゥーナーム)/セントラル・ワールドプラザ/BTSラーチャダムリ駅/ルンピニー公園/サラデーン/スリウォン通り/モンティエン・ホテル/タワナ・ラマダ・ホテル/プラザ・ホテル/スリウォン・ソイ・カムチャイ・チャムスリ/チャルーンクルン・ソイ47-1/シーロム通り/ラートシン病院/セントラル・シーロム店/シーロム・ソイ26/ナライ・ホテル/ソフィテル/シーロム・ソイ6/BTSサラデーン駅
(AE2)
スワンナプーム空港

カオサン
スワンナプーム空港/高速経由/ペッブリー・ソイ30(プラトゥーナーム)/プラトゥーナーム・ファッションモール/ペッブリー・ソイ20/ペッブリー・ソイ10/ウルポン/サパーンカオ/タイ航空(ランルアン通り)/ワット・ラッチャナダ/民主記念塔/ラタナコーシン病院/国立劇場/プラ・アティット通り/プラスメン/カオサン通り
(AE3)
スワンナプーム空港

スクンビット
スワンナプーム空港/高速経由/スクンビット通り(オンヌット近辺)/プラカノン/東バスターミナル/エンポリアム/エンポリアム・クイーンパーク・ホテル/アソーク/ランドマーク・ホテル/ラーチャプラソン交差点/セントラル・ワールド・プラザ/プラトゥーナーム交差点/ペッブリー通り/ソイ・ナーナー・ヌア/グレース・ホテル/ナーナー交差点/スクンビット通り/アソーク交差点/トンロー交差点/エカマイ交差点/プラカノン/高速経由/スワンナプーム空港
(AE4)
スワンナプーム空港
⇔ホアランポーン駅
(午後4時位で終了)
スワンナプーム空港/高速経由/戦勝記念塔/パヤタイ通り/BTSパヤタイ駅/マーブンクロン/サムヤーン交差点/ラマ4世通り/マンダリン・ホテル/ワット・トライミット/カオラーム通り/ホゥアランポーン中央駅

都バスに乗るには ※

スワンナプーム空港から普通のバス(都バス)に乗るにはまず、シャトルバスに乗って公共交通センターへ向かいます。

※バンコク市内へ出るバスは全てスワンナプーム空港ビル1階から乗車できるようになったようです。(2007年10月より)
  • 公共交通センター とは
    空港に隣接する、都バス・長距離バス・タクシーなどの乗り場。

● 無料シャトルバス(各停とエクスプレスがある)

到着階の外に公共交通センター行きのシャトルバスのバス停があるので、そこから乗り込む。10分〜15分間隔で走っている。各停は1階から出発している。シャトルバスから見える待機タクシーの列は圧巻!

都バス

スワンナプーム空港には13路線乗り入れている。(557番は未開通らしい)
24時間運行しているので深夜便で到着しても、市内へは出ることができる。観光客が市内に出るには、551・552・556番が便利でしょう。不明な場合は、バス乗り場の案内の方(英語可)に聞いてみましょう。
BTS(スカイトレイン)やMRT(地下鉄)に乗り換えれば北バスターミナル・東バスターミナルまで行けるので、そこから地方へ向かうことも可能。
※バンコク市内へ出るバスは全てスワンナプーム空港ビル1階から乗車できるようになったようです。(2007年10月より)
ここでは主なルートを掲載しています。
料金 35B(主なルート:下記参照)
(551)
戦勝記念塔
⇔スワンナプーム空港
戦勝記念塔/ディンデーン通り/ラマ9世通り/シリラート特別高速道路/スワンナプーム・モーターウェイ/スワンナプーム空港
*途中、地下鉄ラマ9世駅に接続するので、そこから地下鉄に乗り換えて市内各所へ行くのが便利。もちろん、終点の戦勝記念塔からBTSに乗り換えもできる。
(552)
クロントゥーイ
⇔スワンナプーム空港
クロントゥーイ/ラチャダー・アソーク通り/シリキット・センター/スクンビット通り/エンポリアム/トンロー/エカマイ/BTSオーンヌット駅/バンナー・バンパコーン通り/スワンナプーム空港
*スクンビット通りをアソーク交差点(スクンビットSoi21)まで走るので、スクンビット通り沿いのBTS駅もしくはホテルに行くには便利。BTSの駅で乗り換えれば、市内各所へ行ける。
(555)
ランシット⇔スワンナプーム空港

(高速経由)
ランシット/旧ドンムアン空港/ウィパワディーランシット通り/ラートプラオ交差点/ディンデーン通り/ラマ9世通り/シリラート特別高速道路/スワンナプーム・モーターウェイ/スワンナプーム空港
*ドンムアン空港へ行くにはこちらが早くて便利でしょう。
(556)
南バスターミナル
⇔スワンナプーム空港

*2008年2月現在、
運行されていないようです。
南バスターミナル/ピンクラオ橋/王宮広場/ラーンルアン/ヨマラート高速入り口/ラマ9世通り/シリラート特別高速道路/スワンナプーム・モーターウェイ/スワンナプーム空港
*カオサンや王宮周辺へ行くにはこの路線が便利。高速経由なので早い。

●市内から空港へ (帰国時)

上記都バスのルート上にあるバス停で待ち、乗り込む。バス停には空港行きのバスが止まる飛行機のマークとバスの番号が書かれているので分かりやすい。昼間は1時間に数本は通る。24時間運行。ただし、24時間運行の路線バスも深夜は本数が少なくなるので注意。

左がバス停の写真、右がバス停に表示されている空港行きバスのマーク。

ミニバン (ロットゥ)

路線バスの並びに、路線バスを同じ番号と行き先を掲げたミニバンサービスがあります。おそらく、ミニバンに乗る人数が揃ったら(15人程度)出発すると思われます。
バスが停車している向かい側にカウンターがあるので、行き先案内等してくれると思います。

満席になったら出発ですが、最大でも30分待ち。直行ではない(途中で乗り降りがある)ので時間がかかるようです。ドンムアン空港からのミニバスはない模様。
*情報:2007年11月・・・情報ありがとうございました。

市バスの555番は新空港ターミナルへ直接乗り入れること・料金の事を考えると、市バスの方が良いかもしれません。
料金 80B(主なルート:下記参照)
行き先 戦勝記念塔、ドンムアン空港、セントラルラドプラオ、その他各方面

長距離バス

スワンナプーム空港の公共交通センターからは、パタヤ・ジョムティエン・チョンブリ・トラート・シーラチャ行きのバスなどが出ている。どのバスも東バスターミナルなどの他のターミナルから来るので、時間は不確定とのころ。

荷物が少なければ、空港からそのままパタヤへ!などもできて、とても嬉しいばかり。下記は主なルートを抜粋しています。

行き先 番号 出発時刻 料金
パタヤ 389 08:00・09:00・11:00・13:00・15:00・17:00・19:00・20:00
106
ジョムティエン 9905 19:00 112
ロンクルア市場 390 8:00/14:00 187
ノンカーイ 825 6:00/21:00 454
ラムチャバン 9909 6:40/7:40/8:40/10:40/12:40/14:40/15:40/16:40/17:40/18:40 90
チョンブリー 9904 8:40/10:10/17:10/18:10 59
チャンタブリー 9907 8:10/15:10/16:10/16:55/18:40/19:40 191
トラート 9908 6:40/10:10/11:40/13:10/16:10/18:10/23:40 250
チャチェンサオ 55/
9910
6:40/7:40/9:10/10:40/12:10/13:40/15:10/16:40/17:40/18:40/19:40 41
シーラチャ 9909 17:39 81
サラゲーウ 9916 7:40/12:07/17:10 157

旅行タイプ別お勧め交通機関

空港に到着した後、リムジンタクシー/ホテルの送迎/一般タクシー/エアポートバス/都バスのどれを選んで乗れば良いか?安全性は?コストは??
パターン別のお勧めリストを作りました。あくまでも目安としてお考え下さい。

安全重視型

  • 1位: リムジンタクシー/ホテルの送迎
    空港やホテルに管理された運転手が送迎をする。車も大きくて綺麗。
  • 2位: エアポートリンク/エアポートバス/都バス
    公共の乗り物なので、ルートと値段が決まっている。(しかし、バスの場合乗客が自分一人だけというような場合は気をつけたほうが良い。)
  • 3位: 一般タクシー
    運転手によっては値段交渉してきたり、最悪の場合は違う場所に連れて行かれたりする。深夜の女性一人での利用は避けるのが賢明。

コスト重視型

  • 1位: 都バス 35THB
  • 2位: エアポートバス・エアポートリンク(※) 150THB
  • 3位: 一般タクシー 300THB程度〜
  • 4位: リムジンタクシー/ホテルの送迎 700THB程度〜

    エアポートリンクは2012年末までプロモーション価格で90B

荷物別

  • スーツケース持参の場合
    リムジンタクシー/一般タクシー/ホテル送迎
    荷物の持ち運びをやってくれ、車内も荷物を入れるスペースが大きい。
  • 小型スーツケース(機内持ち込みサイズ程度)〜バックパックの場合
    バス乗り場まで移動・バスを待つ・バスに乗る場合には、小ぶりなバッグでないと大変。

快適重視型

  • 1位: リムジンタクシー/ホテル送迎
    運転手さんが丁寧で、荷物も運んでくれる。エアコンが効き、良い車で乗り心地がいい。
  • 2位: 一般タクシー/エアポートリンク
    運転手さんによるが、やはりタクシーはタクシーなので快適。普通の運転手さんなら普通に快適。もちろんエアコンが効いている。
    エアポートリンクは早い・快適!だが、荷物が大きい場合は目的地まで乗り換えなどが少し大変かも。
  • 3位: エアポートバス
    目的地を事前に告げるので下車場所が分かりやすく、ルートも比較的正確。大きな荷物を置くスペースも確保された大型バス。まさかと思ったが、エアポートバスでも運転手の気分により、寄り道するようだ・・・・。エアコンが効きすぎて寒い場合もある。
  • 4位: 都バス
    運行時間があいまいで、運転手によってはルートが不正確。大きい荷物の場合は置くスペースが少ない。エアコンが効きすぎて寒い場合もある。

深夜早朝利用

  • 1位: ホテルの送迎/リムジンタクシー
    時間に関わらす、安全に送り届けてくれる。帰国の際、市内から空港に行くにはホテルのベルボーイなどに手配を事前にお願いしておくのが無難。
  • 2位: 一般タクシー
    24時間捕まえられるので便利だが、深夜早朝は女性の一人利用は避けた方が無難。
  • 3位: 都バス/エアポートバス・エアポートリンク
    深夜24時くらいまで、早朝5時台くらいなら、エアポートバス・エアポートリンクが便利。都バスは24時間走っているので便利だが、深夜早朝は本数が少ない。時間がある人にとっては、タクシーよりは安全かと思われる。
Ads
タイ語学習・通訳・翻訳のご相談もお問い合わせください。





Ads






Ads