タイ一人旅・子連れ旅行・東南アジア諸国の旅行情報サイト!特に女の子の一人旅・子連れ旅行を応援します★予算・持ち物・宿・交通・屋台料理・バンド・注意事項など、参考に。

ご利用について | お問い合わせ | 管理人 | BBS | Blog

バンサワイ★タイ・東南アジア諸国の旅行情報サイト。特に女の子の一人旅を応援します★予算・持ち物・宿・交通・屋台料理・バンド・注意事項など、参考に。
HOME | タイ旅行情報 | 旅のプラン | 旅日記 | タイイベント | タイレストラン | クッキング | バンコクのバンド | 就職活動@タイ | LINK

タイ旅行情報

タイ旅行の持ち物(一人旅編)

今までの経験からお勧めする持ち物リストです。特に女の子はご参考になさってください。

持ち物全般について

基本的に、タイ(特にバンコク)では日本と同じものが手に入ります。極論、お金さえあれば手ぶらでも何とかなります。
 

シャンプー・リンス・化粧品類

タイのコンビニやスーパーには各メーカーのミニボトル商品が沢山売られており、日本とほぼ同じものが27B程度から購入できます。なので数日分のみ日本から試供品などで
 

着替え

日本の真夏の時のつもりで準備して大丈夫だと思いますが、必ず長袖のカーデガンや羽織るものを持っていったほうがいいでしょう。タイのオフィスやレストラン・空港ではガンガンに冷房がかかっていますので、寒がりの人には辛いです。
一人の時や女性だけの時は、キャミソールやミニスカート・短パンは避けた方が無難です。タイの伝統では女性は肌の露出をすることを良しとしません。また、タイ人で露出が激しい女性(特に夕方以降)は売春婦が多いので、同じアジア人として欧米人に間違われる危険もあります。
タイでは性犯罪も多い(日本人は色が白いので狙われる)ので、キャミソールの上にせめて何か羽織ったりしたほうがいいと思います。衣服は山ほど売っているので、現地調達可能です(200B位〜)。
また、寺院観光の際はノースリーブ・短パン・ミニスカート不可なので、襟の着いたシャツが1枚あると便利かもしれません。
(Tシャツ・ジーンズ・スニーカーがなんとかOK、という感じです。数年前、7分丈のパンツで引っかかりそうになりました。くるぶしを隠せ・・・といわれました。)
現地で洗濯を考えている人には、2〜3泊分の準備で十分だと思います。
 

スニーカーとサンダルが良いかと思います。
暑いので、歩きやすいものがあればサンダル1足で十分です。現地でもサンダルは山ほど売っています(199B〜)。
寺院ではサンダル不可なので、スニーカーが必要ですが、サンダルでもかかとが止まるタイプはOKのようです。
 

飲み物

屋台やコンビニ・スーパーでボトル入りの水が売っています。500mlで5B〜です。
  • コーヒー
    タイ人はとにかく甘いか辛いが好きなので、コーヒーは茶色い砂糖水です。缶コーヒーもほぼそうなので、表示を確かめて購入したほうがいいでしょう。ただし、マクドナルド・ケンタッキー・ダンキンドーナッツなどでは日本と同じコーヒーが飲めます。
    最近はスターバックスのようなカフェやカフェスタンドも多いですが、40B〜と高めのようです。(比較:コーラが20B〜、簡単な食事30B前後) 日本からインスタントを持って行くのも良いと思います。
  • 日本茶
    今、タイでは「OISHI」ブランドの各種日本茶がペットボトル入りで売っています。これがタイ人に大うけ!らしいのですが、買ったら驚き・・・砂糖たっぷりであま〜いお茶なのです。
    それはそれで楽しめる方にはお勧めですが、純粋にお茶が飲みたい時は少し困ります。日系スーパーに行けば日本人向けの緑茶飲料があるかも・・・(未確認)。

私は持っていったことがありませんが・・・・持って行くなら折り畳み傘がよいでしょう。しかし降り出したスコールには傘なんて無用の長物です。とにかく雨宿りしか方法はありません。それでも持っていく場合は晴雨兼用傘で、日傘として使う方が良いかも。最近はタイの若い子達は日傘を良く使うようです。
 

帽子

世界中で日本人の帽子好きは有名です。(欧米人は日焼けしたいのか、あまり帽子を被っていない)
帽子だと頭が蒸れ蒸れで手足が焼けるので、アジア式に風通しの良い日傘の方が(効果としては)良いみたいです。でも傘はかさばるので・・・帽子は持参か帽子現地調達(100B〜)でしょう。
  

日焼け止め

現地でも売っていますが、性能と価格からいうと日本から持っていった方が良いと思います。
物によるのかもしれませんが、タイで買うと日本より高いです。
 

タオル

一般のホテルに泊まる時は必要ないですが、ゲストハウスに泊まる際はバスタオルやフェイスタオルなどが必要です。
 

歯磨きセット・ブラシなど

最近は省資源化でハイクラスのホテルにも備え付けていない場合があります(有料だったり)。ゲストハウスには勿論ありませんので、ご持参下さい。言わずもがな現地調達可能ですが、日本人好みの硬さ・大きさの歯ブラシは少ないので、日本から持っていくのをお勧めします。
 

洗濯関連

ホテルの洗濯サービスやカオサンなどの旅行者向けのランドリーサービス(1Kgで30B〜)等があります。洗剤を日本から小分けして持って行き、または、現地で小さな袋入りの洗剤がコンビニなどで売っているので、自分で洗濯するのも良いでしょう。ホテルのバスタブの上に洗濯物が干せる収納式ロープがあると思いますが、ゲストハウスの場合はロープなどを持参することをお忘れなく。
裏技(?)としては、ビニール紐を数メートル持っていくと洗濯以外にも何かと便利です。
 

お財布

ひったくられても良いような物。ゲストハウスに泊まるような方は、ひも付きでポケットが沢山ついたタイプを。
日本円・現地通貨を入れ分ける為の小銭入れやサブの財布もあると良いと思います。
 

現金・TC・カード類

1週間程度の旅行なら、現金とカードでよいと思います。クレジットカード持参の場合は紛失に備えてコピーを控えに持つことをオススメします。また、カード裏のサインはひらがなで記入すると安全性が高いそうです(中国系の人は漢字が書けるので、漢字表記も避けた方が無難らしい・・・英語はもってのほか!)。
「日本人=歩く銀行」と思われているらしいので、現金は必要以上の大金は持っていかない方が良いです。
現地で引き出せるキャッシュカードも便利ですが、補助的に使うと考えた方が良いようです。使う場合も路上・空港等のATMではなく、できれば銀行内で使うよう心がけましょう。
TCは数週間〜数ヶ月の旅行の際、紛失しても再発行できるので便利です。メリット・手数料・使う場面・両替頻度などを考え合わせ、賢く選び、使いましょう。
持って行く金額ですが、パックツアーの場合は食事代+お土産代、個人旅行の場合は宿泊代が追加されます。
  • 食事(1食)
    外国人が多いレストラン 300〜600B/人
    屋台・食堂など   10〜50B/人
  • お土産
    種類により 雑貨小物 ピンキリ
    ブランド品 日本と同じ位
  • 宿泊代
    ホテル 700B/泊〜
    ゲストハウス(個室) 100B/泊〜
・・国際空港内ではVISAカードなどで国際電話がかけられます。

パスポート

パスポートそのものは勿論、コピーも数枚とっておき、VISAカードなどのコピーと同様に分散して保管しておくと良いと思います。パスポート入れを常に身につけられるポーチに入れてもいいですが、持ち歩きは注意してください。
 

バッグ

大きい荷物用のスーツケース(もしくはバックパック)と、街歩き用の小さなバック。
小さなバックは手提げ・肩掛けなど。リュックやヒップバッグ等の開け口が後ろに来る物はオススメしません。手提げや肩掛けも口が閉まるもので、ひったくられないように注意。
お財布は無くしても良い程度のものと中身で、分散して持つのをオススメします。貴重品入れで、体に巻けるタイプのものも有名ですね。

ハンカチ・(ウェット)ティッシュ

必需品です。特にティッシュはお忘れないように。お手洗いに紙が無いことがあり、また汚れが気になる椅子やテーブルを拭くのにも良いです。
忘れた時は、食堂などの卓上ペーパーナフキンをこまめに頂きましょう・・・。
 

ガイドブック・地図

ガイドブックは要ると思いますが必要な部分を切り取るなり書き写すなりし、本を持ってウロウロしないよう気をつけたほうが良いみたいです。怪しい人に声を掛けられないように・・・。ネット情報のプリントアウトはオススメです。
ガイドブックは現地の日系デパート(伊勢丹など)の書店や、カオサンの古本屋でも入手可能。フリーの地図は空港に置いてあるバンコクマップがオススメです(日本語表記有)。買うなら、ここに掲載してあるマップがお勧めです。バス路線からホテル・観光施設までくまなく掲載されています。
   

会話ブック

英語・タイ語表記の会話本を。最近は「指差し〜」シリーズが人気ですね。
 

メモ帳・筆記用具

メモ帳は市販のものでなくても要らない紙の裏などでも・・・。ペン類は現地で5B位で手に入ります。値段交渉や旅の記録、何かの伝言を残す等、非常に役に立ちます。
 

ビニール袋

濡れた洗濯物(ホテル移動の際)や、バッグの小分けなどに重宝します。現地で買物すると自然にビニール袋が溜まるので、沢山持参することはないでしょう。
 

自宅住所や友人知人の連絡先

旅先からの電話・手紙・メール、緊急時の連絡先を控えておきましょう。
 

時計類

腕時計は高価ではないものをオススメします。防水・アラーム付がよいと思います。目覚まし時計も必要に応じてどうぞ。
 

カメラ

デジタルカメラを持っていくと、現地の方と撮った写真で盛り上がれるのでオススメです。勿論、フィルムカメラも問題ありません。デジタル・フィルム共に写真店は多いので、現地で直ぐプリントできます。911テロ以来、感度の高いフィルムは露光してしまう危険があるらしいので、空港チェックの際は手荷物に入れて注意を払いましょう。
 

虫除けスプレー・虫刺され薬(・蚊取り線香)

虫除けはドラッグストアで売っていますが不思議な臭いがするので、日本から持っていくことをオススメします。薬もご持参いただくほうが良いと思います。
効果も品質も、日本のものが良いと思います。
 

海外旅行傷害保険の保険証書

いざという時、必ず必要です。カード付帯保険の方は、カード保険の引き受け保険会社の連絡先を控えておきましょう。
現地で病気になった際の保険利用フローは>こちら<から。
 

携帯用灰皿(喫煙者)

タイは公共の場での喫煙・タバコのポイ捨ては禁止です。最悪の場合は罰金です―――というより、モラルでお願いします。
因みに、入国の際に制限以上のタバコ(1カートン)以上を空港で所持していると容赦なく罰金です。他人に頼まれて一時持ってあげた時も(例えば、トイレに行くからちょっと持っていて、など)見つかればアウトらしいです。

変電圧機

PCなどの精密機械には変圧器をお使い下さい。
その他は電気機器の表示に100-200Vと書いてあるものならそのままでも大丈夫だと思います。プラグの形は数種類あるので準備が必要ですが、日本と同じタイプもあります。
 

薬類

常備薬がある方はそれを。一般には正露丸(特にお腹が弱い方)や風邪薬・頭痛薬が多いようです。
 

簡単な施錠用として、100円ショップで売っている小さな南京錠をオススメします。街歩き用のバッグの口やリュック(バックパック)の口等を施錠します。
ゲストハウスに泊まる方は、ワイヤーロックで荷物を家具にくくると防犯になるようです。
 

生理用品

女性の悩みどころですが、これも現地調達可能です。日本のものほど性能は良くないと思いますが、スーパーやコンビニで売っています。(質の良いものは日本での価格以上します。)日本からは1日分を持っていけば良いでしょう。
あと、何故か東南アジア諸国ではパンティーライナーが大量に売っているので、購入の際は間違えないよう注意。
 
Ads
タイ語学習・通訳・翻訳のご相談もお問い合わせください。





Ads