それ行け!OLバックパッカー
タイ〜英語よりタイ語 編


お土産探し

今朝は8:30頃起床。あー、目が覚めちゃった・・・今日はタイ最後の日だわ。
うううぅ〜っ、明日から日本かぁーー、ヤダなぁ。しかも明日の早朝に成田着で、その足で会社なんだよね――って、イカンイカン、ドンムアンを飛び立つ最後まで日本の事は気にしてはいけない。折角の旅行にストレスを持ち込んじゃダメなのだ!

と、ベッドの中でウダウダしていると、携帯が鳴った。

い「はい〜。」

「お目覚めですか〜」とkuraさんからの着信。私は今日帰国だし、ちょっと時間もあるという事でお茶でも〜〜という運びに。
寝不足で顔が腫れぼったいので、シャワーを浴びて身支度をする。人と会うのにモッサ〜〜ってしたままではマズイからね(笑)。

30分ほどして1階のロビーへ向かうと、kuraさんは既にいらっしゃっていた。あ〜、またもやノンビリしすぎてましたね、私・・・すっかりkhon Thaiモードに入ってます・・・。

い「あー、すいません、待ちましたよね・・・(涙)。」
kuraさん「いえいえ。」

ここの付近には良さそうなお店がなさそうなので、朝食会場のレストラン(?)で私は朝食を食べつつ、ご一緒して頂く事に決定。

kuraさん「朝食レストランだと、もう一人分の食事代とかかかっちゃいませんかねぇ?」
い「・・・まあ、かかったとしても僅かだろうし、大丈夫そうな気がします(笑)。」

あのショボい朝食会場と係りのタイ人の雰囲気からいくと、絶対に部屋ごとの人数とかチェックしていなそう。きっと何人で入っても追加料金ナシに違いない!!と思われる。私達は堂々と2人でテーブルにつく。
――朝食会場に二人で来て朝からコーヒー飲んでたら、どんな連れ合いだと思われてるんだろうなぁ〜〜〜、とかおぼろげに思いつつ(笑)、私は空腹なのでパンやら卵やらをお皿にとってコーヒーと共に頂く。

kuraさん「昨日はあれからどうされました??」
い「いやー(汗)。」

かくかくしかじか。そして今日の15時にMandyと約束しちゃいましたけど、本当に来ますかねぇーーー・・・と、ご報告。学ばない子ですいません・・・ご心配おかけします(涙)。kuraさんは私より遅く帰国するので、もう少しゆっくりBkkにいらっしゃるとのこと。

楽しい朝のコーヒータイムも終わり、レストランを出る。出る時にノートへ部屋番号を書くのだが、そのノートもかなり適当で”とりあえず書いてもらってます”という感じだ。

kuraさんと別れ、私は部屋に戻ってチェックアウトの準備をする。お世話になったグランドデラックスルーム(・・・)を後にし、纏めた荷物をロビーに運び出す。大きな荷物(スーツケース)はチェックアウトと同時にホテルに預け、肩掛けバッグだけで帰国までのバンコク滞在を楽しむのだ。
実は1日目の部屋で冷蔵庫の有料のミネラルウォーターを飲んだのだが、チェックアウトの精算では何も言われなかった♪部屋を移ったからどさくさに紛れて気がつかなかったのかな?
あと、予想通り、朝食の追加料金などもなし。いい加減なのにも程がある(笑)。

今日はサイアム方面でお土産を買って帰る日なので、ホテルからBTS駅に向かって歩き出す。
――相変わらずスクンビット通りまでも遠いし、駅までも遠いなぁ・・・も゛ーーーーっっ。
絶対このホテルには二度と泊まらないっっ。”バンサワイ”でも酷評してやるんだっっ(怒)。(←まあ、自業自得なんだけどね。)

BTSに乗り、サイアム方面へ進んでいく。窓際に立って「今日がバンコク最後かぁ〜」っと若干感傷的になりつつ外をみていると、ホリデイインが見えてきた。
あ、あれ、メリディアン系のホテルだった所がオーナーチェンジで改装工事してた所だ!オープンしたてだとは聞いていたけど・・・。前に来た時は廃墟みたいで改装真っ只中だったのにね、時間は流れているんだわ。

電車はチットロム駅に到着、まずはナライパンで雑貨を物色するとしよう。
チットロム駅とゲイソンプラザを結ぶ通路を渡り、ラチャダムリ通りを歩く。ナライパンはゲイソンプラザの隣に立っている。
バンコク市内ではナライパンが雑貨の量も多くて価格もまあ安いと思っているので一通り見てみたが、やっぱりチャットチャクに比べるとかなり価格も高いみたい。もちろん百貨店に入っているお店よりは全然安いけどね。
地下から降りた入り口のすぐ脇に、NaRaYaが入っているのを発見し、小物を物色。この前、日本の地下鉄でNaRaYaのバッグを持った女の人を見かけたんだよね〜〜。
女性らしいホンワカした、リボンがついた小物が多い。いままでこのお店は知っていたけど、高いと思って入った事すらなかった・・・だけど、いざ入ってみると、意外に価格がお手頃でビックリ。
今までの私のバカーーーッッ!!

同僚や友人へのお土産として、ポケットティッシュ入れやパスポートカバーを購入。大きめのバッグも興味アリだったけど、荷物が増えるのが嫌なのでまた次回にね。

NaRaYaを出て、男の子へのお土産は何にしようかな〜って考えながらまたフロアを歩き回る。
ムエタイの選手が頭とか腕とかに巻いている紐買ってきて、って言ってる人がいたけどねぇ、やっぱり無さそうだわ。昨日MandyとKeawに聞いたら、チャットチャクにあるんじゃない?って言ってたなぁ。
まあ、ベタに、タイ文字の書いてあるチャンビールのTシャツでいっか。
と考え至り、Tシャツ屋さんで柄を物色。

店員さん「ハーイ。コレなんかどう?」

とお店のお姉さんが声を掛けてきた。

い「nii tawrai kha?」(コレはいくらですか)
店員「150B」
い「pheen pai!」(高すぎるよ)

交渉していると「130Bでどう」という事になり、まあいっかな、とそれでひとまず落ち着く。で、4枚Tシャツを選び、サイズも確認し、

い「tangmot tawrai?」(全部でいくら?)
店員「520B」
い「もう少しまけて〜。」
店員「500B」
い「tok long、OK、500ね。」

一枚125B相当でお買い上げした――のだが、この数時間後、MBKのTシャツ屋で1枚99Bで売っているのを目撃!(涙)MBKもけっこう安いのね〜って勉強になりました。
まあ、125Bで納得して買っているので良いんですけどね。

ナライパンを出て、その足でBig-Cへ向かう。ここは大型スーパーで、日用品から生鮮食品、何でも売っているのだ♪
アーノマホテルの前を通り大きなBig−Cのエントランスを入ると、エアコンが効いていて気持ちい〜〜。
まずは店内をくまなく物色し、会社に持って行くのに都合が良い大袋のお菓子を探す。持ち運んでいる時に粉々になってしまうので、カッパえびせん(タイ版)はパス。独特なタイ文字のパッケージでスパイシー味、惜しいけどね〜。
会社へのお土産は個別包装されたチョコのお菓子(キットカットみたいなヤツ)に決めて、あとはタイ語講座のみんなに頼まれてたセンミーと小ボトルのナンプラーを探す。センミーはいろいろな種類があったけど、小さめな量のものに決め、ナンプラーは小ボトルが見つからなかったのでTOKYUで買う事にする(TOKYUにあることはチェック済み)。あとは自分のお土産♪

パクチーなどのタイ野菜の種があればいいな、と探してみたが、コレはさすがに置いていない様子。残念。どんなお店に行ったら売っているのか想像がつかない・・・謎だわ。逆にFujiスーパーとかに行ったら置いてあるかしら。

そして上の階に行くと下着売り場がある☆ここでワコールの下着を物色してご購入〜〜っ。
下着を色々見ていると、店員さんが近寄ってきて「アナタのサイズはコレよ」って、かなり小さめのブラジャーを押し付けられそうになる(汗)。反対に、「タイのパンツは小さいから、Lサイズを買わなきゃ〜」と思って探していると「アナタのサイズはMでしょ」って余計な横槍が・・・そっとしておいて欲しいなぁ。

そしてそろそろMBKへ。BTSで一駅移動だ。
昨日コンタクトレンズを予約していて、その引取りが14:00なのでMBKには必ず行かなくてはいけない。フォーカスデイリーズが1箱600Bで、でもそれを4箱買えば1箱あたり500Bになるということで、4箱を買う事にしている。お金は払ってあるので、何を忘れてもコレだけは取りに行かないとっっ!!!

まずはTOKYUの上の階にあるスーパーへ。ここは高そうなイメージがあるけど、Big-Cとそれほど物の値段は変わらない。そして売っている物のサイズが小さいので、お土産には都合がいい。
ここでナンプラーの小ボトルをばら売りで購入し、トムヤムクンのフリーズドライもついでに購入。なんかパッケージを見ると美味しそうで・・・1個辺り40B、タイにしてはなかなかのお値段。
スーパーに来ると、ジャスミン米やタイのお酢、シーイウダム、シーズニングソースやら
スイートチリソースなど、欲しくなるものがたくさん置いてある。買っていくには重いので、値段が高いとしても日本の輸入食材店で買うしかないな。

そろそろお腹が空いてきたので、MBKのフードコートへ行く。
何を食べようかなぁ・・・あんまり食欲ないし、コッテリしたものはパスだ。フルーツでサッパリと済ませたいわ。
そうそう、見た事はあったけど食べた事なかったアレを食べよう!

もち米にマンゴーが乗せられていて、そこにココナッツミルクをかけて食べる、アレ。

それらしきお店の前に入ってみると、お値段は60B!た、高い・・・50Bしかチケットに変えててなかったから、焦って10Bを更に変えてもらう。
そして、ソレをゲット。

お皿の上に乗ったものを眺めてみると、うーん、あまり美味しそうではない。
最後にゴマが振りかけられていて、体には良さそうな感じはするけど――お米にマンゴーとココナッツミルク・・・本来はデザートなんだけどね。
ネッチャリとしたお米にスプーンを入れて、マンゴーと共に口に運んでみる。

―――ま、マズーーーーイ。

青汁のCMのように・・・もう一度。

マ、マズゥ〜〜〜イッ。

もう一杯!!とは言えません(涙)。
60Bもしたしな、勿体ないから頑張って食べないと・・・と鞭打って食べるのだが、もち米とココナッツミルクのハーモニーがどうしても馴染めない。諦めて、マンゴーだけは完食を目指してモニャモニャ食べ進んでいく。
ここのフードコートはいつも人がごった返しているので、私の周りにもカップルやグループ連れ、観光客の方々がワイワイと食事をしている。そんな中、一人でマンゴーと格闘している私って??なんだか切ない気がしてきた。

清掃のオバチャンが脇で井戸端会議をしているんだけど、そのオバチャンの子供と思われる女の子がチョロチョロしていてカワイイ。笑顔を投げかけてみると、恥ずかしがって後ろをむかれてしまった・・・。
清掃の人が多いので、ここはいつも清潔に保たれていて気持ちがいい。

なんとかマンゴーだけは食べ終えて、昨日と同じネットカフェへ向かう。フードコートと同じフロアなので近いしね。
受付台に行ってみると・・・うふふ、昨日と同じかわいいナイスガイのお兄さんがいるじゃないのー♪

い「sawatdee kha。」
お兄さん「sawatdee kha。」

ニコッ☆と笑ってくれる笑顔がいいねーっっ。本日のNo.1タイ人に決定。

ここでブログを更新して、掲示板のチェック、メールのチェックを終える。回線も早いし、日本語入力はできるし、快適快適。日本のニュースもたまには確認しないとね、帰国して浦島状態になってしまう。

そしてそろそろ14:00を過ぎたのでお会計を済ませ、”お兄さん、私は今日帰国します、これでお別れね(涙)”・・・と、勝手にお別れを告げて(心の中で)コンタクトレンズを取りに下の階へ向かう。
引き取り票を良く見てみるとイコンタクトの度数の数字が微妙に違っていて焦ったが、出てきた商品はちゃんとあっていたので一安心。タイ人のやることは自分がキチンと確認しないと信用ならないわ。つまり、タイ人のせいで何か間違っていても、それは確認しなかった自分が悪い・・・ということなのだ。こう考えると、日本のサービスっていうのは世界の誇れる水準だわね――妙に感心してみたり(笑)。

Mandyの待ち合わせの15:00にはもう少し時間があるので、MBKの下の階をブラブラしてみる。でもMBKもコレといって目新しいものがないので、大して面白くもないわー。
っていうか、私、バンコクに来過ぎっていう事ね。
かわいい洋服屋さんなどにも入ってみる。最近は日本で着ても遜色ないデザインが増えてきた。MBKの洋服は可愛くてソコソコ安いけど、プラトゥーナームと比べてどうなんだろうなー。今回は時間がなくてプラトゥーナームに行ってないからなんとも言えない。

時間はようやく15:00になろうとしているわ。
どうせ時間通りには来ないだろうなぁ。



 <前  後>

目次へ
別館TOPへ戻る


アジア情報満載!『本館』へ