それ行け!OLバックパッカー

タイ〜正しい観光のススメ


会社から行ってきまーす

私事ですが、この度、転職いたしました。
転職活動の為に、今年の夏は「海もなし、山も川もなし、花火もビアガーデンさえも・・・」という、さながらストイックな僧侶のようだった。
あー、タイ、行きたい。
あーーー、全てを投げ出して、タイへ行きたい。
と、何度思ったことだろうか・・・。

毎年9月の”もう一つのゴールデンウィーク”の祝日を利用してタイへ行くのだが、9月1日から新しい職場へ赴いていた私にはとても「タイへ行くので有給を下さい」とも言い出せず、入社時には自ら「毎年この時期にタイへ行くのですが、流石に入社早々そんなゼイタク言いません」などと正しい社会人発言をしてみた。

というのもつかの間、数週間後にはしれっと有給休暇を申請している いまむぅ。
また「趣味に生きる社会人」への道に分け入ってしまった・・・もう後戻りできない・・・っていうか道が無い(笑)。

行くことが決まれば後は誰にどう思われようとうわの空♪しかも☆TeleFanClub発足後、初めてのバンコク。それも(1日遅れだが)誕生日祝いも兼ねており、ちゃっかりTELEFON BANDのメンバーに「誕生日ソングを演奏してくれ!」と事前の根回しをしてあるのだ。
うううう〜〜〜っ、めっちゃ興奮するわぁ〜〜〜。と同時に、HRCへ行って本当に歓迎してくれるのだろうか?ちゃんとお話できるのだろうか?TFCの皆の事をちゃんと伝えられるのだろうか?---山盛りの不安も感じる。

それとぉー、ホテルは5ツ星に泊まってぇ〜〜、エステに行ってぇ〜〜、ビーチリゾートへ行ってぇ〜〜〜、と朝の超満員通勤電車で一人ニヤニヤしていると、思いっきり降り過ごしそうになってしまった。
ビーチリゾートは当初パタヤを考えていたのだが、パッカー友人のSさんに色々話を聞いている内に「サメットへ変更」となった。折角だし、行った事のない場所へ行こう!という意味もある。白い砂浜と満点の星空☆☆らしいぞっ。

そして未だに「一人旅禁止令」が続いている(家庭内)情勢の中で、連れは前回と同様Zさん。
一生この禁止令が続くのだろうか(涙)。
ねぇ、お母さん・・・。



今朝は雨。寒くなりそうな予感がするわ・・・でも、今日の夜には日本をさようならなの〜〜っ。忙しい皆、ごめんねーー。
どうやらこの雨は大型台風のせいらしい。今年は本当に大きな台風ばかり日本に来る。
少しずつ慣れてきた新しい会社に、実は凄腕(?)マイラーの存在が発覚!ほんの数日前だったのだが、社内報で私のHPを知って覗いてくれたらいのだ。ありがたいありがたい、「芸は身を助ける」だね。
で、いろいろタイ話・マイル話・エアー話・・・をさせてもらった。

マイラーM氏「マイル貯めるのにさぁ、1日に何往復もしてたんだけど、スチュワーデスさんと知り合いになって空港まで送ってもらったりー。」
い「えー、そんな事ありえるの??」
M「何回も乗るから、顔覚えられるんだよね。」
い「私なんて安いエアーしか乗らないからマイルなんて全然たまらないよ。」

M「バンコク着いたらさ、空港から何で市内へ出るの?」
い「?」
M「あ、そうか、バスか。」
い「いや、それがさ、今回は大きなスーツケース持って人と一緒に行くから、正しい観光のやり方で行こうと思って。」
M「え、大きいスーツケース持って行くんだ。」
い「そうなの、だからタクシーカウンターからチケット貰って、正統派で行こうかな、と。」

はい、出ました。
正しい観光のススメ!!
 
HRC−TOKYOからHRC−BKKへ

M氏(と言っても、私より随分若い・・・)に羨ましがられながら、正午キッチリに会社をでる。雨に降られながらもニンマリと不敵な笑みを浮かべながら先ず向かったのは六本木。
数時間前に気が付いてしまった!!HRCにお土産を持っていかないと何となく手持ち無沙汰なのではないか?!と。
で、何かいいかしら〜〜と考えど良いアイデアは浮かばず。ううう、何か良い手はないか。

おー!!閃いた。キラッと輝くHRC-TOKYOのピンバッジが思い浮かんだぞ。

という訳でHRC-TOKYOのピンバッジを買いに六本木へと急ぐ。以前1回行ったことがあるのだが、念のためマップをプリントアウトしたものを握り締めて歩く。小雨に降られているものの、TFBの皆が喜んでくれるかな〜〜なんて思って歩くと全然苦ではない。
テクテク歩いていたら、なんと六本木ヒルズに辿り着いてしまった。

・・・イキナリですか、これって、迷子じゃないですか。
日本なのに、しかも、前に来てるのに(笑)・・・って、笑い事ではないのだ!!時間も無い。
また汗をにじませつつ駅方面へ戻り、何とか到着。

店員のイケメン(風?)「ピンをお探しですか?」
い「ええ、HRC-Bkkへ行くんですが、お土産にと思って。」
店「ボク、海外行ったこと無いんですよ。どこが良かったですか?」
い「うーん、バリがステージが広くてよかったかな。」
店「いいなー。」
い「バンコクには応援しているバンドがいるから、もう何回も行っているの。」
店「そうなんですかぁ〜。」

と、何気に自慢しつつ、メンバー全員分(7個)のピンバッジをゲット。
雨に濡れない様に、汚れないように気をつけながらHRCの紙袋を持ち帰る。そんな自分がちょっと、けなげだわぁ〜〜。なんて。ふふ。

自宅へ一度寄り、住民票の転入届など雑務をササっと済ませる。お、お姉ちゃんから恒例のお誕生日プレゼントが届いているわ☆
ありがとう!!
そして紙袋に化粧道具など身の回りの品だけ入れ、空港へ向かう。スーツケースは車で空港まで向かうZさんに事前に預けてあるので、本当にほぼ手ぶら状態で成田へ到着。
京成線から空港ビル内に入る際のチェックで「お見送りですか?」と聞かれてしまった・・・。(パスポートもスーツケースに入れてあり、免許証を出したので)

1週間前、Zさんの所まで重いスーツケースを運ぶのはしんどかったー。なにせ、地下鉄を乗り継ぎ、高速バスへ乗せて・・・という行程。途中の日本橋駅の乗り換え階段では死ぬかと思った。男性のサラリーマンは沢山いたのだが、「大丈夫ですか?手伝いましょうか?」と声をかけてくれたのはOLさん風の女性。「だ、大丈夫です」とお断りしたのだが(本当は助けて〜〜という感じだったが、迷惑かけちゃイカンと思い。)、親切な人も東京にいるんだ!と感動した。
どこのどなたか分らないが、この場を借りてお礼を言わせて頂きマス。
本当に有難うございました!!

出発に際して、いろいろな人に暖かく見送ってもらったわ☆
今回も楽しい旅になりそうだっっ。

  後>

目次へ
別館TOPへ戻る


アジア情報満載!『本館』へ