それ行け!OLバックパッカー

タイ〜タイ人オトコはジゴロなのか!?


今回も、チャトチャクでお買い物

眠い・・・そりゃそうだ、だって昨日寝たのは午前3時、日本で行ったら午前5時頃だったからね。でも今日は午前中にチャットチャクに行くので、朝7時起き。
眠すぎる。

今日のお天気はどうかな?窓からの景色は!?
寝ぼけながら窓に歩み寄ってカーテンをシャ〜〜っと開けると。
窓からMBKの屋根が!!見える。なんだ、もっと凄いのを期待してた・・・いや、でも左手には国立競技場が、右手にはサイアムスクエア―が見えるぞ。
お天気はあまりよくないみたい。おかしいな、今は乾季のはずなのにちょっとドンヨリしている。

朝食チケットを持って、グランドフロアのレストランに行く。入り口のお姉さんにエスコートされて席に着く。いつも思うんだけど、朝食のレストランって寒いんだよねぇー。だからTシャツ一枚ではとても行けない。
朝食は普通にバイキング。コーヒー&紅茶のお姉さんがこまめにカップの様子をみては注いでくれる。笑顔もさわやかでいいね。
空いたお皿はすかさず、係りのお兄さんたちが下げてくれる。他の用事で歩いている時でも、お兄さんたちはお皿が空いているとササッと片付ける。サービスが行き届いているって感じで、心地いい。

朝食から戻ると、身支度をしてチャットチャクへ向かう。今日の午後にはI氏と会うはず(!)なので、午前中に行って帰ってこないといけないので、今回はBTSに乗っていく。

朝早い日曜のサイアムは人がまばらだ。かろうじて少し、バス停に人が立っている程度。まだ暗いMBKには開店準備をしているファストフードやレストランの店員さんが見える。
昼過ぎになれば真っ直ぐ歩けな位に人が集まるMBKも、なんだか清々しい表情だわね。

国立競技場からサイアムで乗り換え、最寄駅のモーチットへ。
BTSのホームから見える、巨大な工事現場。えーっと、なんだっけ、なんかすごい大きいホテルやらショッピングセンターやらの複合施設ができるんだよね。ここ1年くらいはずーっと工事してる。働いているのはやっぱりミャンマー人かしら。(プーケットで運転手さんに言われて以降、そう思ってしまう。)
現場を良く見てみると、建設会社の名前が『タイ・オオバヤシ』であることが分った。
大林組・・・求人無いかなぁ――無いかぁ〜〜〜、そんな上手くはいかんわなぁ。

電車に乗り込むと周りの乗客も殆どがモーチットへ行く様子で、デートのカップルや友達同士でお買い物・・・といったタイ人や、私のような外国人たちが乗っている。
ちょっと向うに立っているアジア人は露出度たかいなぁ〜〜〜。ペラペラのコットン生地のキャミソール一枚を着ているだけで、下着とかも着てないみたい。お年は・・・中年(汗)だけど、うーん、日本人はあそこまで露出しないよね。多分、台湾の方か韓国の方ではないかと思う。台湾っぽいなぁ、違うかなぁ。
窓の外のホテルや建物をみながら、なんとなくバンコクMAPのイメージと重ねて位置を考えていると、ちょっと面白い。

駅に到着すると、ドドド〜〜っと皆がいっせいに同じ方向に歩いていく。高架橋を降りると直ぐ右手に、地下鉄の入り口がある。
お、これが噂の、新しい地下鉄ね。ここからも沢山の人がワサワサ出てくる。
で、そのままみんなと一緒にあるいてマーケットに到着。

今日は、いつも行くジュエリーショップだけが唯一の目標だ。あと、チェンマイに行ってトレッキングする時用の、かかとの止まるサンダルもあればなぁ〜〜っという所だ。
なんとなく歩いていたら、あっさりジュエリーショップに着いてしまった。およよ。
で、12点ほど購入して3割引、その上端数を捨ててもらってご購入。

あとはサンダル・・・どうしようかな。向かって左手のエリアが靴屋さんが集まっていたようなので、戻ってみよう。大体サンダルのタイプと価格はどこも同じようだ。そんなに高いのはいらないので、199Bなら手を打とう。
日本の夏やタイに来た時に履いているサンダルは、2002年の一人旅の際にマレーシアのチャイナタウンで購入したベージュのもの。これも散々履いたので、底がすりへって寿命が近いような気がする。なので、その代替品となるものがあるといいのだけれど。

目星をつけたお店の前を2回くらい行き来して(笑)、おもむろに店員さんに話し掛けてみる。

い「このサンダル、履いてみていいですか?」
お姉さん「もちろん、どうぞ、ここに座って。」

出されたのはサイズ5。ちと大きいかな。(といっても、多分22.5センチくらい)

い「もっと小さいのあります?」
お「ええ、4っていうのがあるから持ってきますね。ちょっと待ってて。」

と言ってお姉さんは”5”の片足を持って出て行った。
あー、誰もお店にいなくなったけどいいのかな。私は店員じゃないからねー。
数分してお姉さんは帰ってきた。

お「どうかしら?」
い「やっぱり4かな。これ下さい。199Bより安くならないの?」
お「セール価格だから・・・。」
い「じゃあ、分かりました。」

お買い上げ。
足首に紐を巻いて結ぶタイプのものもあったが、面倒だし紐のところがマメになってしまうと思うので、シンプルに履けるサンダルにしてみた。よ〜〜っし、これで今日のお買い物は終わり☆
ついでに、今まで使っていたチャトチャクのMAPの新しいものをもらおうと思い立って、インフォメーションへ立ち寄る。ここの人は親切で好きなんだよね。ちょうど市場の中央部分にあって、銀行や公衆トイレなどが並びに建っている。
もらったMAPは交通機関についての記載が地下鉄を追加してあるだけで、内容そのものには大した変化はない模様。まあ、今まで使ってたのは2年モノだから(?)ヨレヨレになっちゃってるしね、新しい方がいいね、やっぱり。

インフォメーションのブロックの脇(奥?)に、私が足を踏み入れたことのない一角がある。用事はないけど通ってみようかな。たしか、ちょっとしたレストラン街になっていると思うんだけど・・・・。
この一角は他のブロックに比べたらやや新しいのかな〜?お店の感じも小奇麗になっていて、欧米人好みっていうかんじだ。インテリアショップも多くて、その雰囲気もチャトチャクというよりは、どこぞのショッピングモールの一角にありそうな。
まあこの一角に限らず、今までのブロックにもリニューアルしたお店が数多く見かけられる。今風、というか、タイの市場っぽくない、若者ウケしそうな店構え。

ほぉ〜〜、時代は流れてるんだねぇ〜〜〜〜・・・と地図を片手にブラブラしていると。

お兄さん「イクスキューズミー、ちょっとその地図見せて。」

欧米人の観光客らしいお兄さんに尋ねられた。

い「いいですよ。」

道に迷っているのかな、連れの人と一緒に地図を覗き込んでいる。

い「あのー、地図だったらココを真っ直ぐ行って右手にインフォメーションセンターがあるので、そこでもらえますよ。」
お「あ、そうなんだ。ありがとう。」

いまむぅ、今日は良い事しっちゃったねぇー。

帰りもBTSで帰ろう。ここからホテルまでは30分くらいなので、午前中には帰れる。
のどが渇いたなぁ〜〜、と周りを見てみると、掲示板でも話題に上った”OISHI”ブランドの緑茶が沢山売られている。
おー、危ない危ない、これは甘いから要注意だよっ。やっぱり水に限るね。

来た道を戻ってくのだが、ちょうど正午前後なので日差しが強い。タクシーの列を渡り、バス停の前を横切り、陸橋を登っていく。まだまだ市場へ向かう人の方が圧倒的に多いので、流れに逆らって歩いているのは私くらいだ。

モーチットでチケットを買い改札を抜けようとすると、係りのお兄さん(警備員?)が「ダメダメ。」という仕草をする。

え??

隣の改札を通ろうとしてもやっぱり「ダメダメ。」

え、え、え、え、え?

お兄さん「構内に、飲み物は持ち込めないんです。」

あ、そうなの??

手に持っている水のペットボトルが原因だった。残りも少ないので、チュ〜〜っとのみ干してごみ箱へポイ。
いけなかったんだぁ、へぇー。ちょっと恥ずかしかったー。

BTSに乗ってスイスイと国立競技場駅まで帰る。改札の目の前で白人さんのオバサンが止められてる!
やっぱり手にはペットボトルが・・・可愛そうに・・・わが身を眺めているようだわ。
でも、ペットボトルをバッグに入れている分にはお咎めがないらしい。
うむむ・・・タイ・ルールか。

<前   後>

目次へ
別館TOPへ戻る


アジア情報満載!『本館』へ